《キーンコーンカーンコーン♪》


チャイムがなる。

今日もやっと1日が終わる。



「あーーーー!!!何で今日、日直なんだろー・・・。帰れないし・・・」と菜都。

「仕方ないさ。3ヵ月に1回だしガマンよ、ガマン!」と雪。


雪は同じクラスの友達。


「菜都、悪いけどあたし今日、塾だから先に帰るね」

「うん。わかったー。また明日ねぇ」

「日直頑張れ!じゃあバイバーイ」


1人きりの教室。


部活をしてる人達の声が少しだけ窓越しに聞こえてくる。



そのとき----------・・・



『ガラッ!!』


ドアが開いた。

あたしは音の聞こえた方向に振り返る。


「あれー?北原さんじゃん!何、補習?ってんなわけねーか」


・・・?

この人、確か名簿順であたしの2人くらい後ろの清瀬くん?だっけ?


「・・・違うよ。日直で残ってるだけ。日誌まだ書いてないし」

「あぁー。お疲れさん」

「うん・・・?飴?とか食べてる?イチゴの匂いがする・・・かも」

「あー・・・北原さんも食う?」

「え、あるの?」

「・・・ないけど」

「え?」




唇に何かがあたった・・・。


それと共に口の中に甘い甘いイチゴ味が広がる。


「じゃーな」

今の空気とは合わないくらい甘い甘いドロップス。

あたしは呆然として何も言えなかった。



でもね、今、思うとあたしはあの時泣かなかった。

本当の本当は嬉しかったのかも知れない。

知らないうちに、好きだったから、


ただ、素直になれなかっただけなのかも知れない。



----------end---------

2005/05/17
   Back→Nobel

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理