一応・・・友達からってことだけどって考えてくれるっていってくれた。

心臓が音を立てて響きそうなくらいドキドキしていた。


家に帰ってからも、とりあえず何をしていいかわからず

部屋をウロウロと歩き回っていた。


そのとき-------------・・・


【ピルルルルル、ピルルルルル】ケータイが鳴った。


「うっわッ!!!えっと・・・えっと・・・あ、通話、通話!!」

「ハイ!」

『あー・・・俺、弘。』

「う、うん。」



こんな感じでギコちなく始まったあたし達。

それから適当に会ったり、何度と電話したり、

メールをしたりを繰り返した。



---------------------3ヵ月後。



弘から映画に誘われた。

見るものはあたしが決めていいってことだから、

迷わず今ヒット中の切ない恋愛映画を選んだ。



映画を見終わったあと、近くの公園で缶ジュースを飲みながら2人で話し中。


「んー!あの映画良かったー♪やっぱし切ない系のは好きだなぁ。」と紗羽。

「そー?なら良かったけど。でも普通、悲しいとか
 そういう感想じゃねーの?あの映画の2人、
 別れちゃったじゃん?お互いのためにーとかで。」

「それもそれで・・・ありだと思う。そんな恋のかたちもあるってことで。」

「紗羽はそういう恋を望むわけ?」

「あ、あたし?あたしはー・・・幸せなのがいいよ。もちろん。」

「幸せ・・・な。そりゃそーだよな。じゃー言います。」

「え?何を?」

「お前のこといろいろ知って好きになった。だからマジでつきあわね?」

「・・・・・・・・・・はい?え?あ、うん。え、え、え、えーーーー!!!!!」

「動揺しすぎ。」

「だってだってだって・・・!!!!!」

「待たせて悪かったな。」

そう言いながら抱きしめてくれた。


温かくて居心地良くてあたしにとって、

最高に幸せな1日になった。



----------end----------
2005/05/16
Back→Nobel

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス