隣同士・・・"おすそわけ"から始まったあたし達。


あれから・・・5年。



あたしは20歳、涼路は22歳。


あたしは19歳の時から大学に通うため1人暮らし中。

でもこの夏から2人暮らしになる。


なぜかというと・・・



------2週間前。


それは、涼路があたしの部屋に来ていたとき・・・


「結梨の部屋は広くてズルイよなー。大学生が3DKっスよ?」

「んー・・・。だって親が探してくれた部屋だし、
 あたしは家賃出してないし多少広くても何も言えないよ。
 あ、ほら、あそこの和室とか使ってないしね。無駄無駄。」

「そっか。家賃、親持ちはオイシイ話だよなー。
 けど部屋使ってないとかもったいねー。」

「でも・・・どうしようもないし。あ、飲み物持ってくるね」

「おー。あ、あのさー・・・」


涼路が何か言いかけたけど、あたしはお馴染みの

グレープフルーツと紅茶を用意しにいった。


「ゴメン、何ー?」

「あ・・・やー・・・。あ、これ、俺ん家の?」

「?、そう。親がね送ってきてくれたの。わざわざ宅配便でさ。」

「マジで!あんま好きじゃねぇけど久しぶりに食ってみようかねー。」

「どぞどぞ♪」

「・・・・・・・やっぱ無理。」

「まだ?おいしいのになー。」


「・・なぁ、あそこの和室。俺が使ってもいい?」

「え?」

「一緒に暮らさない?」

「・・・・・・う、うん。いいよ。」



---------そして、今

これからもずっと一緒にいれたらいいね。

そう願う・・・



----------end----------


2005/05/16
Back→Nobel

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス